wabisuke's photo diary

funakakush.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 29日

ダダ漏れ

いっとき、ダダ漏れというフレーズがネットを賑やかしましたが、未だに最悪のダダ漏れ状態は米国メキシコ湾沖にての原油流出事件(事故ではなく事件)です。

流出を止める方法、流出した原油の回収、近隣住民の保障問題、関係者の責任、等々いろんな切り口で報道されています。
日本では、この問題はそんなに前面に取り上げられてはいませんが、地球規模の最悪な事件です。

だいたい、1500mの海の底から更に3000mも地下を掘った油田からものすごい圧力で吹き出している油をどう止めるのか?
そんなところに穴を開けておいて予測不能な事故でしたでは済まないと思うのですけれどどうでしょうか。地表や大陸棚のような浅い海の油田が枯渇し、(探査技術の進歩で)手つかずの深海油田に手を染めた時点で予測されただろう。
人智の及ばぬ深海のそのまた地下、人の欲の為せる業だと恐ろしくなりまた、絶望的にもなります。
我が身にもその血が流れているのかと悲しくなります。

スウィーツやグルメが悪いわけではないけれど、食べ過ぎれば身体に悪影響を及ぼしますよね。薄々気付きながらも、後戻りできないくらいの脂肪と高いコレステロールで身を滅ぼすのと同様、我が身(人類)の欲が招いた結果だと気づかなければ、第二第三と事件は繰り返されるでしょうね。

こうしてる間にも深海より高圧力で噴出し続けている原油を、それこそ人の叡智を結集して止めないとと思います。国籍や国益なんて言っている場合ではない。

でも、でも、ハイブリッドな車に乗り、軽量なデジカメで美しい風景写真をインターネットに載せ、プラスティックの容器に入ったエコな添加ゼロの調味料を買い、スポーツジムで石油製のスニーカーを減らし、石油製の部品を使った自転車で自然を満喫する、、、、

どんなに暗い夜でも明けないことはないとよく聞くけれど、そんなにお気楽で良いのかと、(わずかな瞬間)深刻になりました。
使う量がいけないのか?増えすぎた人の数がいけないのか?科学の進歩は人を幸せに出来るのか?
これからも、晩ご飯を食べ、お笑い番組見て笑い、お風呂に入り、ベッドで眠り、快適な朝を迎える。
我が身の置き処に困ってしまいます。
[PR]

by funakakushi | 2010-06-29 16:30 | 近況 | Comments(4)
Commented by まーぼー at 2010-07-01 16:10 x
サッカーの次は参院選にターゲットが変わり、油田の話は出てきませんね。
それにしても、毎日数千キロリットルがどんどん流出していってるそうですが、いったいどんな量なのやら感覚がつかめません。
でっかい耳栓みたいなやつをぎゅっとつっこんだら止まる、とかでけへんのかしらん…
Commented by funakakushi at 2010-07-02 13:16
マスメディアは、※国にとって都合の悪いことは絶対声高にはいいませんね。端っこの方にちょこっと載せたり、、、実質日本は※国の属国ですから。
Commented by ヨン at 2010-07-03 21:16 x
よく見つけれられましたねぇ。どっちが本物かわかりませんが、、たしかに!学生の頃恵比寿麦酒の本社に、を今いうと就職活動で(まあ30年ほど前ですがね笑い)言った覚えがあります。ビールを出していただいて、酔っぱらって恵比寿駅のホールから落ち損ねた記憶があります(笑い)
Commented by funakakushi at 2010-07-05 13:56
どっちも本物ですよ。ラッキーエビスっていうらしいですね。子供がテーブルで気が付いたんです。就職活動ですか、恵比寿麦酒記念館になっているところでしょうか。20年くらい東京には行ってませんね、今浦島ですね。


<< 出ました!      滋賀県 新旭風車村 >>