2015年 06月 28日

クロスカブ ほぼ完成

付けたり外したりして、ようやく納得する形になりました。
d0117999_16340996.jpg

スクリーンバイザーは良いのですが、ハンドリングが重くなるので外しました。
ハンドル前にパンク修理剤の入ったツールバッグ。
荷台にはベルト止めの箱。
あとはフロントキャリアです。

109ccのエンジンはタフでトルクフル、そして良く回ります。
頑丈な荷台が付いているということは、バイクにしては、そこそこ積めるということ。
でも、やり過ぎは無理が生じます。
積むのも程々にしましょう。
[PR]

by funakakushi | 2015-06-28 16:23 | クロスカブ | Comments(2)
Commented by tama_photo1 at 2015-07-03 11:35
先日、やっと初回(千キロ)点検が終わりました。以後はDIYでやろうと思っています。
点検が終わって阿蘇~菊池をゆっくり走ってきましたが、スプロケはしばらくこのままでいきます。ギヤ比がちょうどいいんです。少しでも高速側に振ると、トップギヤを使う比率がぐんと減りそうな気がしました。CC110で行くツーリングは、どっちかというと山のほうが多いのです。
スクリーンははめるつもりでしたが、funakakushiさんに習ってやめます。(^^
Commented by funakakushi at 2015-07-04 12:01
阿蘇、羨ましいです。
いつか行ってみたいと思っています。
スプロケは、ツーリングをすればするほどそのままの方が
ベターな気がします。
スクリーンなんですが、琵琶湖周辺を走ってみて、帰ってからまた付けました。(笑)
確かにハンドリングやオフっぽいことをするには、ない方が良いのですが、ひたすら走るときにはあった方が良いような、、、(笑)
付けるとはっきりとモッサリ感が出るのが分かります。
ただ、ロングツーリングとなると、それがかえって良いこともあるということでしょうか。


<< クロスカブ 右側サイドスタンドの効用      クロスカブ スクリーンを取る >>