2016年 06月 26日

クロスカブ マメにエアチェック

d0117999_865054.jpg

バイク屋さんかガソリンスタンド以外ではコレを使います。
自転車と共用というか自転車用なのですが、よく出来ています。
普段の足す分位なら、8回程で入ります。
コレとチューブ、ベルトを箱に、パンク修理剤のボンベをヘッドランプ下のツールバッグに
常備してます。チューブ、ベルトはラップでグルグル巻きにしないと劣化が進みますよ。
カブの一番のアキレス腱であるチューブタイヤは、ツーリングで出かけた時には自転車屋さんも兼ねている小さい田舎のバイク屋さんに持ち込んでもやってくれますから、強い味方にもなります。
山中でタイヤ外してパンク修理する強者ライダーもいますが、私は修理剤で近くのバイク屋さんに持ち込み修理してもらう派です。(笑)
因みに空気入れのメーカーはトピークというところです。
まぁ、カブはスポークが似合いますから。^ ^
d0117999_863562.jpg

[PR]

by funakakushi | 2016-06-26 08:22 | クロスカブ | Comments(2)
Commented by tama_photo at 2016-06-26 09:26
なるほど、ためになります。
わが家には自転車専用の空気入れしかないのでいつもスタンドで補充しますが、バイクには使えない口金しかないスタンドもあるんですね。口金がまっすぐで長くて、バイクのようにバルブが中心を向いているとうまく補充できないのです。
これだといちいちスタンドを探し回ることもないなー。チューブも携帯したいものです。
Commented by funakakushi at 2016-06-26 12:13
tama_photoさん
タイヤ外して、、、は問題外ですね(笑)
SRも含めて何回かツーリングでパンクを経験し、
このスタイルに落ち着きました。

いわゆる車、バイク、一部の自転車は米式で、
ママチャリは英式、スポーツバイクは仏式(フレンチバルブ)
私の自転車はフレンチバルブなので、この空気入れはカブと兼用できるんです。
今はクロスカブにのみ使っています。
口金のネジを外して、中の金具とゴムの向きを変えることによって、米式に変えられます。
レバーを倒した状態で、グイグイ深めに差し込んで、レバーを立てるとロック完了。
あとはフロアポンプと同じ感じでシュコシュコ入れます。
あと、本田夢店に言われましたが、90度曲げるバルブアダプタは付けっぱなしはダメなんですね。
最悪走行中にバルブごとチューブから吹っ飛ぶそうです。(笑)


<< 旅の友に! 畳める日本野鳥の会 長靴      クロスカブ をヤマハ バイクカ... >>