2016年 11月 13日

秦家の料理会 11月は鯖寿司

京都市内はどこを走っても赤や黄色の街路樹が美しいです。
今日は念願の鯖寿司を作ります。
それと、小さいえび芋の素揚げに、おすましです。
関西は薄味だと言われていますが、私はそうではなく
優しい味だと思います。
おばんざいと呼ばれる日々のおかずは、豪華でも希少でもなく
近隣で収穫された食材を無駄なく使う料理法なんです。
ほんの少しの手間と愛情が隠し味になっているのでしょうか。
昔の人は偉いですね。
d0117999_16571508.jpg

d0117999_16574415.jpg
d0117999_16572878.jpg
d0117999_16573388.jpg
d0117999_16574050.jpg

[PR]

by funakakushi | 2016-11-13 17:00 | 近況 | Comments(2)
Commented by tama_photo at 2016-11-14 20:14
おいしそうです。
和食、とくに京都の料理を見ていると、素材にいくつもの手間をかけて、そこに日本独特の文化を感じます。深いなぁ。
味もきっと深いのでしょうね。
Commented by funakakushi at 2016-11-16 07:17
関西は薄味だと言われていますが、私はそうではなく
優しい味だと思います。
おばんざいと呼ばれる日々のおかずは、豪華でも希少でもなく
近隣で収穫された食材を無駄なく使う料理法なんです。
ほんの少しの手間と愛情が隠し味になっているのでしょうか。
昔の人は偉いですね。


<< インカムを換装する。B+COM...      クロスカブ 久しぶりのツーリング >>