wabisuke's photo diary

funakakush.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 26日

予備燃料ボトルを使う。とユニバーサルインターコム通話テスト。

遠出をする時は必ず1本持っていきます。
何と言っても、この1本で60kmは走れますから安心感が違います。
で、2本のボトルに入れてあった、いつ入れたか分からないガソリンをタンクに入れました。1本で900cc、2本1800ccです。メーターは8分目ほどになりました。
また新しいガソリンを入れなくては!
そうそう、予備燃料ボトルは、人のいるガソリンスタンドで燃料専用のなんとかマークの表示のあるボトルでないと入れてもらえませんよ。
昔ならポリタンクに入れてもらえましたけどね。遠い昔です。(笑)
d0117999_18435367.jpg
ボケボケの写真でスンマセン。m(_ _)m
後回しにしていた異機種間のインカム通信のテストをしてみました。
ネットでググって、その動画通りに操作すると上手くいきました。
取り敢えず通話は出来るようです。
私がやった方法では、SENA側からはユニバーサルインターコムペアリングで、ビーコム側からは電話(リダイアル)でペアリングしているようです。
なんかよく分かりませんが、、、(笑)
とにかく普通に会話できます。
詳しくは実際に使ってみないと分かりませんので、またの機会に。
あ、機種はSENA SMH10とB+com SB4X liteでテストしました。
d0117999_18440942.jpg

[PR]

by funakakushi | 2017-02-26 18:53 | クロスカブ | Comments(4)
Commented by G7_2007 at 2017-02-26 22:48
インカムって、どれくらいまで離れてもOKなんでしょうか?
Commented by funakakushi at 2017-02-27 07:14
G7さん
機種や走る環境によって違いますが、だいたいうたい文句の半分と判断してます。
私のSENA SMH10でいいますと、相手が見通せるところでも1000mは難しいでしょう。街中なら信号2つまでが限界、峠道ならカーブ2つプラス位だど思います。
完全に遠ざかったら携帯電話経由になると思います。
Bluetooth(インカム)通信は近距離の規格なので、距離はどれも大差ないと思います。
あと気になるのは電池の持ちでしょうか。
大方1日持ちます。(これも小さいものは短いでしょうね)
あと、SENA SMH10は使用しながら充電できますが、ビーコムは端子を共有していますので普通の使い方では出来ません。
まぁ余程の長時間か1泊なら充電が必要でしょう。
それと走りながらのボタン操作はボタンが大きく出っ張っているSENA SMH10がすごく使いやすいです。
スマホとの相性もあり、Bluetoothならどれでも繋がるようではないようです。
インカムは一度使うと止められませんね。
二人以上でも一人でも会話、スマホナビ、電話、音楽等、、、
必須アイテムですね。(笑)
Commented by tama_photo1 at 2017-02-28 12:47
私もずっとSMH10です。3台目。
1台目は外皮がベトベトになるまで使い、2台目はまだ新しいうちに手が滑って落としておしゃかに(高さ1メートルくらいだったのに・・・)。
3台目はオクで中古を購入しましたが、調子がイマイチ。スイッチを入れるたびにペアリングが必要だし、相手と話すときはこっちからスイッチを押してもダメで、向こうが押すのを待たねばなりません。
そろそろ4台目なのかなぁ。
Commented by funakakushi at 2017-03-01 15:46
tama_photoさん
SMH10使いですね。私も気に入ってます。


<< amazon ANKER So...      琵琶湖 和邇浜へ >>