2007年 12月 22日

菓子屋

月曜に稽古で使うものを金曜日に頼みに行きました。年明けに、うちの師匠が釜を掛けられるので、点前をする子に出炉の稽古を付けていただく為、出稽古をうちですることになりました。それで上菓子屋さんにいつものパターンよろしく、ショーウィンドにないもの、そう、こういう席でこういう趣向でこういうお客さんに出したいと希望をいうと、喜んで話に乗ってもらえます。もちろん数個でです。こういう注文をする人が最近は少ないと残念がっておられました。菓子屋さんの主屋が近くにあるのですが、昔は主菓子に銘などは付けてなかったそうです。買う人が自分で付けるのが恒だったそうです。今はそれをするとお客さんが困ってしまわれるんで、しょーなしに付けてますと菓子の脇に銘を書いた紙が置いてありました。ウィンドの菓子を見て考えてくれはるのが嬉しいんですけどと、店主は残念そうでした。でも中には、若い人でもそんな風な茶をする人がいて、先日も・・・、と話が弾んでしまいます。あさって24日がちょっと楽しみです。
[PR]

by funakakushi | 2007-12-22 14:00 | 近況 | Comments(0)


<< Delight Slight ...      障子貼り >>