wabisuke's photo diary

funakakush.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 30日

日にち薬

先日より次男坊が、仙骨(しっぽの名残)を家でしこたま打ちました。
痛い痛いと言っていたのですが、親は(私のことでございますが)
「大層な!日にち薬!日にち薬!」
と捨て置きましたが、あまりに言うので
「ほな、整形外科行ってきぃな!」
で、これが折れてたんですなぁ。レントゲン写真に、ポッキリと折れているのが写ってましたそうな。先生は、日常動作は大丈夫、運動と寝る姿勢を気をつけさえすれば、日にち薬ですと言わはったそうです。
親の判断も間違いではなかったんですけど、子供にすれば
「ほ〜れっ!見てみぃ〜!」と勝利宣言です。
ということで、しばらくは道場もお休みで、家でゴロゴロしてます。
そうなれば親の言うことは
「勉強せぇ〜!」ですな。

血が出る、変形する、顔色が悪い、熱がある、でないと廻りからは怪しまれるもんです。
痛い痒いは、他人には解りませんもんね。
[PR]

by funakakushi | 2008-09-30 09:28 | 近況 | Comments(4)
Commented by senbei-s at 2008-10-02 19:52
実は、私も昨日全く同じところをピンポイントで強打しまして、椅子にすわ
ると激痛が…医者へ行くかそのまま様子を見て日にち薬で治すか思案
中です。(^^;)
Commented by funakakushi at 2008-10-03 12:31
それ、折れてるね、たぶん・・・
さすがのデジ1でもこれは写らんやろなぁ。
じっとするのがよいみたいやけど、無理やろね。
お大事に!!!
Commented by ルナ at 2008-10-05 20:36 x
「日にち薬」って初めて聞いた言葉なのですが、どう読むのですか?
ニチニチヤク? ヒニチグスリ? ニチニチグスリ?
Commented by funakakushi at 2008-10-06 08:26
ヒニチグスリ です。(^_^)
今風に言うと、自然治癒力 ですかね。
時間は掛かるけれど、放っておいても治るときや、
痛々しそうだけれども、命に別状無いときによく使いますね。
言う方の心中は、”大変そうだけれども元気出してね。”
みたいな感じです。だから言うときは、(心配ではあるけれども)にこやかに言いますね。深刻な顔では言わないです。
子供や目下に言うときは、オプションとして
”大層な!””ん な、大層な!”を最初に付けると効果的です。その後に民間簡易型初期治療法も付けるのが下町バージョンですね。
調子に乗りすぎました。お後がよろしいようで♪


<< 林檎中毒      地歌 >>