wabisuke's photo diary

funakakush.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 23日

何度も

私の本を読む速度は非常に遅く、加えて同じ処を繰り返し読んだり戻ったりで、なかなか終わりまでたどり着けません。
中でも茶関係の本は特にそうです。
師匠に勧められ読んだ本の中に、堀内宗心 私の茶の湯考 という本があります。最初に読んだときは、この方は大変面白いし、変わった方やなぁというのが、感想でした。次に読んだときには、なるほどなぁでした。そして間をおいて今亦読み返しています。
これがいいんですねぇ。ものすごく面白くて凄くてかわいらしいんです。(すみません)
又数年おいて、読んだときには多分ありがたくて、有り難くて、おしいただくことでしょう。

そしてもう一冊、雪国 ですねん。
これはまた、頭から爪先まで湿り気があって最高です。
読めば読むほど臨場感が涌いてきます。

そういう本に出会える幸せというのが年を取る楽しみなんでしょうかね。
[PR]

by funakakushi | 2009-01-23 17:49 | 近況 | Comments(0)


<< 茶会      充電 >>