wabisuke's photo diary

funakakush.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コーヒー( 20 )


2015年 05月 09日

アウトドアでコーヒーを

といっても家のガレージの隅なんですが、、、
今回の道具組は、
ストーブはMSRのドラゴンフライ+自作の五徳
マキネッタはビアレッティのモカエキスプレス2カップ(一人分)
豆はiLLy(イリー)MOKA(マキネッタ用)粉
ドラゴンフライは火力調節が効く唯一のマルチフーエルストーブで
実際に、自作の五徳で安定したマキネッタをとろ火で数分、、、
トロトロと抽出液が出てきました。
これを1、5倍くらいに薄めて飲みます。
美味い!!!
動画はこちらをクリックしてください。
d0117999_18404145.jpg

d0117999_1840528.jpg

d0117999_1841242.jpg

d0117999_1841765.jpg

[PR]

by funakakushi | 2015-05-09 18:52 | コーヒー | Comments(0)
2015年 04月 15日

3カップのマキネッタ

ビアレッティのモカエキスプレスですが、限定版です。
限定版が欲しかった訳ではないのです。
1〜2人分(エスプレッソの3カップ)を抽出出来るマキネッタが欲しくて手に入れました。
マキネッタは、簡単に手早く、上等な豆でなくても美味しいモカコーヒーが出来ますが、同じ器具で分量を変えることができません。
で、分量ごとに本体を揃えるのです。
前に持っていたのは、4カップで、今回は3カップです。
2も欲しいですね。
d0117999_2022836.jpg

d0117999_202294.jpg

d0117999_2023045.jpg

d0117999_2023070.jpg

d0117999_2023164.jpg

d0117999_2023142.jpg

[PR]

by funakakushi | 2015-04-15 19:53 | コーヒー | Comments(0)
2014年 12月 20日

イタリアンコーヒー

d0117999_9364598.jpg

今年のマイブーム(という言い方も古いのですが)は何と言ってもオートバイであります。
お茶はブームや趣味ではなく生き方で、心の芯になる重要なものです。
音楽は体を満たす体液のようなものかな。
オートバイや自転車は、血湧き肉躍るときのその肉の延長であります。
あとはコーヒー。
今年は遅まきながら、イタリアンコーヒーに目覚めました。
特に家庭のイタリアン、マキネッタで淹れるコーヒーです。
暫くはこれでいくでしょう。
あ、いや、フレンチプレスもいいかも。
(^-^)/
[PR]

by funakakushi | 2014-12-20 09:25 | コーヒー | Comments(0)
2014年 12月 13日

朝のコーヒー

d0117999_8212422.jpg


マキネッタで淹れるモカコーヒー(家庭イタリアコーヒー)はペーパードリップと違い、豆に含まれるオイルも味わいます。
ドリップより少しクセは有りますが、飲みなれるとはまりますね。
アルミ製の本体は、内側に付いたコーヒーオイルの層を落とさないように、使い終わってもお湯でサッと洗い流すだけです。
いい感じになってます。
d0117999_821249.jpg

[PR]

by funakakushi | 2014-12-13 08:11 | コーヒー | Comments(0)
2014年 10月 26日

ポーレックス社 手回し携帯セラミックコーヒーミル

d0117999_8354758.jpg

アウトドア、インドア、どんなところでも美味しいコーヒーを飲みたい。
いろいろ考えて実践しております。
今回は家使いの道具達です。
左端のがそうです。
コーヒー豆を粉に挽く道具です。
人によって使いやすい使いにくいが別れる道具でもあります。
ミルは以前から使っているコーノのモノがありますが、持ち出し用に買いました。
ハンドルが外れてコンパクトに持ち歩けます。
真ん中はビアレッティーのマキネッタ(家庭用イタリヤ風コーヒー/モカコーヒーを淹れる道具)
右端はミルクを温めて泡立てる泡立て器。
土日の朝はこれでコーヒーを淹れます。
私はミルク無しのお湯割り(ルンゴとかアメリカーノとか言いますね)
妻はキャラメルソースのマキアートが最近のお気に入りです。

ここをクリックするとポーレックスへ飛びます
ここをクリックするとスタバのミルクフォーマへ飛びます
ここをクリックすると、尼損のビアレッティ社のマキネッタへ飛びます
[PR]

by funakakushi | 2014-10-26 08:45 | コーヒー | Comments(0)
2014年 09月 20日

朝のコーヒー

d0117999_843435.jpg

ビアレッティ モカエクスプレス 3カップ
(ステンレスも試しましたが、私の好みはアルミ製の此方です。)
最近の朝のコーヒーは、このマキネッタで美味しく淹れております。
妻はキャラメルマキアート、私はアメリカーノ(ルンゴ)のブラック。
使い慣れるまでは試行錯誤でしたが、やっと安定してきました。
ひとつ難点は、細挽きに豆を手動のミルで粉にするので、少し時間がかかります。2人分(20g位かな)が限界でしょう。まぁ、ふたりなのでこれで良いのですが。(^^)それにこのコーノの臼式ミルは高校の時に買ったものなので愛着があり手放せないです。
d0117999_843588.jpg

ササッと1人で飲むときは、ハンドポンプ式のハンドプレッソでカフェポッドと呼ばれるフィルターで包まれた一人分の粉を使います。
この器具はオススメです。簡単に美味しい!ただ、ポッドを使うと一杯あたり70円位になってしまいます。
d0117999_843589.jpg

美味しいコーヒーを飲むために大切なことは、良い豆を多めに使う、豆で保存する、飲む前に挽く。これだけで今より少し美味しいコーヒーが頂けますよ。
[PR]

by funakakushi | 2014-09-20 07:35 | コーヒー | Comments(0)
2014年 08月 22日

ESPRESSO DE KISSAKO

d0117999_10285152.jpg

仕事場といっても実家なんですが、仕事部屋といっても子供の頃の私の部屋なんですが。
コーヒーで一服の環境を変えてみました。
テーマは場所をとらず簡単で美味い。
そして短時間で飲めるエスプレッソ!
ネスプレッソのイニッシアというのを6千円弱でゲット。
ランニングコストは一杯70円までですかね。
[PR]

by funakakushi | 2014-08-22 10:15 | コーヒー | Comments(0)
2014年 08月 13日

砥部焼の蕎麦猪口でエスプレッソ

d0117999_8224171.jpg

ハンドプレッソという手動のエスプレッソ抽出道具を使いコーヒーを淹れました。
少し試行錯誤しましたが、基本、素人の道具なので使い方は簡単になってます。
d0117999_8224249.jpg


豆はカフェポッドというフィルター付きの挽いた豆を使います。
私はエスプレッソのお湯割り、アメリカーノが好きなので何も入れずに。
妻はミルクパンでミルクを泡だててカプチーノで。
美味しかったですよ。
これならアウトドアでも使えそうです。
[PR]

by funakakushi | 2014-08-13 08:08 | コーヒー | Comments(0)
2014年 08月 09日

コーヒーの道具に凝る

キャンプで使えるエスプレッソです。
d0117999_1726044.jpg

d0117999_1726152.jpg

コーヒーネタは未だ未だありまして(笑)
これもエスプレッソの端くれです。
まあ、普通のエスプレッソマシンで淹れれば、普通のエスプレッソを味わえる訳なんですが、そこが私のへそ曲がりなところなんです。
見たまんまです。
お湯を仕込んで空気ポンプでシューっと出すというあんばいでございます。
アウトドアで活躍してもらいましょう。
挽いた豆を詰めても使えますが、極細挽きのエスプレッソ用コーヒー豆をフィルターでパックしたカフェポッドというものを使うと手間いらずのようです。
ハンドエスプレッソでググってください。
ちゃんと淹れればそこそこのエスプレッソコーヒーがアウトドアでで味わえますよ。私はお湯を足して、カフェアメリカーノで頂くのが好みです。
あ、繊細な方はネルドリップのカフェで飲んでください。
(^O^)/
[PR]

by funakakushi | 2014-08-09 17:08 | コーヒー | Comments(0)
2014年 08月 09日

やはりコーヒーはコレやなぁ。

d0117999_7158.jpg

家でコーヒーを淹れる。
やっぱりこのエアロプレスが合ってます。
香りが良くて、味も濃くエグ味も少ない、そして澄んでいる。
d0117999_71622.jpg

d0117999_71691.jpg

スペシャリティーコーヒー豆を使うなら、ネルドリップで淹れるのが良いかと。
(^O^)/
[PR]

by funakakushi | 2014-08-09 06:42 | コーヒー | Comments(2)