<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 29日

肩が

弓を引いたときの感覚が依然と違う。
そんなに力も要らないし、極端に言えば、つっかえ棒をしてる感じです。
なんか、糸口が見えたようで、うれしいです。
でもまだまだ、8日には滋賀で会の創立○○年記念射会があります。もう少しマシになって望みたいです。
[PR]

by funakakushi | 2007-06-29 16:10 | 近況 | Comments(0)
2007年 06月 25日

本当のバカは

政治や社会ネタを僕がここで書くというのも場違いな気がするけど、一回だけ書くとするなら・・・
街頭インタビューで、選挙権のある若い子が政治は解らないからとか言っている。
そこそこの年齢の人たちは、笑いながら皮肉を言っている。
それを笑いながら皮肉を交えてコメントしているアナウンサーやコメンテーター達。
日本の社会をこんなにした張本人は、自分たち国民だという事を自信、解っているんだろうか?
日本人はどんどんバカになっていくようで仕方ない、怒らない、解ろうとしない、実行しない。
年金も環境も人任せ、人任せでも仕方ない事は有るけど、どんな人に任せるのかくらいは真剣に考えるべきだと思う。僕たちが出来る事は、デモや暴動で文句を口々に叫ぶことではない。
選挙でちゃんとした人を選ぶ。それしかないんじゃないだろうか。バカな政治家や官僚が多いという事はバカな国民が多いという事なんじゃないか。あいつはバカだとテレビをみて言ってるけど、本当のバカは僕たちだ。見た目やパフォーマンスで選んでいる場合じゃない。僕たちは何十年もバカにされ続けてるのに気がつかないでいる。
僕もそんなに教養がある訳でもないし、勉強だって嫌いだった。でも、もらった(働いた)分より使う分が多くなれば、貧乏になるのは誰でも解る。
次の選挙もちゃんと選びたい、たとえたった一票であっても
[PR]

by funakakushi | 2007-06-25 22:41 | なんで | Comments(0)
2007年 06月 24日

単衣

d0117999_1839373.jpg土曜日は雨の合間のえ〜天気でした。
文楽の若手会というのを観てきました。次の世代を担う若手さんの会だそうですが、本当にお若い人から若手の古参方々までおられて三者三様個性があって楽しませていただきました。また、こんな時でないと着物も着ていく機会を逸するのでよしっとばかりにまだ袖を通した事の無い格子柄の単衣にジャケット代わりの紬の羽織、麻の帯に麻の襦袢で出かけました。さすがに日向は暑かったんですが、それでもホントに暑いのは頭と顔だけです。男に日傘は合わんのでやっぱり帽子。着物にはパナマでしょうか。でもうちの奥さんに言わすとあんたは寸足らずやから帽子は似合わんと申します。でもかぶってみたいなぁ。パナマ帽。いいかも。
[PR]

by funakakushi | 2007-06-24 18:42 | 三味線 | Comments(0)
2007年 06月 21日

肩が

ちょっと凹んでます。弓なんです。
先生に、何故肩が上がる!と注意されます。そう言われても上げてるつもりは無いのですが、上がってるんでしょうねぇ。稽古はきつい目のほうが好きです。(程度もんですが)
あ○!ぼ○!か○!に近いのも、有りだと思いますね。だって、叱ってる方は自分の持っている技能、技術、心を相手に伝えたいが為に叱っている訳で、ありがたいと思うこそすれ、怒ったりごねるなんて愚の骨頂だと思います。それに叱ってる方は、叱られるより数倍気力体力を使こうたはるやろね。
でも、実際凹みますね。それは言われてる事が理解できてるつもりなのに、実際には出来てないからで、自分に対して情けないと思うからでしょうね。出来ればな〜んだ、となるのでしょうが、そこへ行き着くまではしんどいです。でも気をいれて何度もやっていればいつかは出来る。そう思って前へ前へ、たまに後ろも振り向きながら、です。
明日も行きます。ちょっと詰めていかんと駄目な気がするんで、しばらくは週2のペースで焦らず投げ出さず、粘り腰で行きましょう。歳を取ってよい所は、辛抱強く、気が長くなったこと、わりとどんな時でも冷静でいられる事ですね。これを鈍感とは言われないようにしよっと。
[PR]

by funakakushi | 2007-06-21 19:57 | | Comments(0)
2007年 06月 17日

無駄遣い

d0117999_17111017.jpg
今日、モンベルクラブへ行ってきました。寺町の蛸薬師辺りなんですが、カッパをゲット。最近通勤にカブを使っているので、これはいるものです。で、帰って叱られたのは写真の水筒ですねん。あまりにも可愛いデザインで、売り場で僕に買って買ってと訴えてたので仕方なく連れて帰りました。僕は懐中電灯マニアでもありますが、それに匹敵するくらいの、水筒マニアなんですねぇ。特にヨーロッパ登山系は必涎モノです。で連れて帰ってしまいました。今朝はというと、奥さんと父の日のプレゼントをD○へ買いにいきました。無難に印伝の眼鏡ケース+印鑑入とスィーツ。本当は、滋賀県の馬杉湖魚店のうなぎを買ってきて、ひつまぶしがメインの点心と、したたり&濃茶でmini-tyajiをしようと計画していたのですが、時間が無かったのであえなく却下でした。まぁ、父が好きだからではなくって自己満足なんなんですが・・・やっと扇風機出しました。
モンベルクラブって?
[PR]

by funakakushi | 2007-06-17 17:14 | 近況 | Comments(0)
2007年 06月 17日

d0117999_016507.jpg暑かったですね。賀茂川も人が多かったです。でもパンイチでベンチに寝転がったりしている若者(昔の若者も)を見ていると、きみぃ!そんなに紫外線を浴びて皮膚がんになるで!なんて思います。余計なお世話なんですが。で僕の出で立ちは、ツバの広い帽子と長Tにジーパン(間違ってもデニムなんていわへんぞ)と一応直射日光はさけてママチャリでワンパターンのところへ。
御薗橋を出て出雲路橋辺りで笛の稽古、そこで登場、蚊に効くカトリス、結構効きますぜ!大友康平兄ぃ〜♪。息を整え腹から出すように静かに緊張せず細く長く、最小の息で最大限、笛を振るわせる。腹式呼吸が基本です。昔、大先生の録音で美山の山奥で吹かれていて、鳥とコラボっておられたのを思い出します。でもうるさい!って、里のひとに怒られたらしいですけど。それほど遠くまで響いたんですね、スゴ。でも気持ちはそんな感じです。音出しの後、何曲か浚えて次の目的地三条スタバへ。
今日はすっごく多かったです。トールアイスアメリカーノをマイタンブラーに入れてもらって地下で本読みの後、トロトロ、ヨタヨタ帰りました。帰ってからモンベルクラブでカッパを買うのを思い出しましたが、後の祭り、また今度です。d0117999_0173431.jpgそれから、寺町のスニーカー屋さんでカッコイイ格安草履を見つけました。これも次回にゲットしようっと。
健康の為にいろんな事を始める、というのは出来ない性分ですね。でもバランスは、とれてると思いますけど(自転車、楽器、読書etc)物事の始まりは好奇心です。義務感では続かんやろねぇ。
さぁ、三味線の稽古しよっと。歌が出ませんねん。最近のあんずのお気に入りです。奥さんの戦利品の残骸です。
[PR]

by funakakushi | 2007-06-17 00:22 | 近況 | Comments(0)
2007年 06月 10日

ものをつくる

d0117999_8241470.jpg
読売新聞の土曜版にイヴォン・シュイナードさんが出ていた。有名な登山家であり地球環境保護活動家にして、アウトドア衣料patagoniaの創業者です。この会社の服は非常に面白い。そしてカッコイイんです。学生時代からよく使ってました。と言っても結構お高いので何もかも揃えてた訳ではないのですが、ここにしか無いもの、例えばスカノラック。何それ?というネーミングですが、シーカヤックアノラックからの造語ですねん。シーカヤック用のカッパです。今のフリース素材の原型を創ったのもこの会社です。最近は特に地球環境に悪影響を与えないライフスタイルを模索しておられる様です。この人の偉い処は、言うだけでなく実行している事、それも会社ぐるみで。だからカッコイイものが創れるんだと思いますね。必要な機能を盛り込み、必要でないものを削いでいく。そのものにとって何が必要か、何が要らないのかを明確に判断し、形にするのはすごい事です。しかも格好良く。
このカッコイイというのは、人によって千差万別ですけど、これが一番難しい。機能美とよく言われますが、優れた機能を持っているからカッコイイとは限らないんですね。遊び、そう遊びが無いと格好良くないんです。削いで削いで削いだあとにちょっと遊びを入れる、入れすぎてもダメ、無くては面白くない。ほんのちょっとです。だから、ものをつくる仕事に就くなら、そして本当にカッコイイものを創りたいなら若い時にいろんな遊びをやっておく事、特に自然の中で遊ぶ(観察する)事、自分の引き出しを多くすることは、良いだと思いますね。これは僕の考えでもあるけど、師匠の影響も大です。下の二枚の写真は若かりし日々の思いでです。d0117999_83798.jpgd0117999_837474.jpg
[PR]

by funakakushi | 2007-06-10 08:42 | 近況 | Comments(0)
2007年 06月 09日

また映画です。

最近朝5時過ぎには目が覚める、小学生の頃から早起きだったけど最近はちょっとひどい。でも起きたんだから何かしないと勿体ないので、布団を上げて掃除をした。朝も早よから掃除機はうるさいので箒を使って塵やゴミ、埃を外へ掃き出します。これがわりと難しくって、慣れるまでに結構掛かりました。でもレレレのおじさんみたいで楽しいんです。今日はひとりで京都シネマへ『しゃべれども しゃべれども』を見てきました。こじんまりした映画で泣きました。こういうの大好きです。で、こないだのシネコンとは正反対の小箱の映画館で上映作品もエンターテイメントとは違うものをよくやってます。皆さんすご〜く静かで行儀良くて感動ものでした。見終わって帰りに錦を通ってみました。ここはほとんど用事がないので2、3回しか通ってません。昔は食材を売ってる市場だったのに、京土産?の筋になってしまい残念です。最近どこも”京都っぽい”京土産ばかり、観光客はこういうみやげものを求めてるのとは違うと思うんですけどねぇ。京都を憧れの街にしておきたいなら、こういう安易な観光化をしないでほしい。ハリウッド映画の中の日本になっていきそう。京都で住んでる人の暮らし振りが憧れであってほしいです。
お腹が減ったので寺町二条上ったアル・マツオでパスタ&スィーツ。丸太町から37系統で家路に付きました。
ここ2週間ほとんど稽古が出来てない状態で非常にまずいのです。稽古が嫌いではなく時間が取れなくて・・・とぼついても仕方ないので、短くても気を入れてと。
明日も一日一人遊びですので、稽古に身を入れます。ではまた。d0117999_17354783.jpg
[PR]

by funakakushi | 2007-06-09 17:39 | 近況 | Comments(2)
2007年 06月 05日

千年デザイン

平安時代ぐらいから江戸までが日本の伝統的デザインだとどこかで聞いた事が有ります。どうなのかは別として、その頃のデザインの根底に有るものは教養であり自然の観察力だと思います。その頃生み出されたデザインを理解し、面白しろいなぁと思うには和歌や芸能を嗜み、六感を花鳥風月にそばだてなければ理解したとは言えないでしょうね。
今日テレビで吉岡徳仁さんが、気持ちをデザインすると言ってましたが、確かに頷けましたが、それだけでは面白くないとも思いました。千数百年もの時を積み重ねてきた日本の文化(教養)を引き継がないのはもったいない気もします。創る方、評価する方、双方共に繊細でナイーブな感覚を表現する共通言語を持って初めて千年もカッコいいデザインを生み出せたのかなぁ。昔の人は偉い。
[PR]

by funakakushi | 2007-06-05 23:35 | Comments(0)
2007年 06月 05日

やっぱり

ずぼらというか、気をいれてやってないのが出た稽古でした。
やらな前へは進みませんねぇ。有意義な稽古を付けてもらうには、それなりに覚悟と準備が必要ですね。あれもこれもと欲張ってる訳ではないのですが、ちょっと言い訳がましいくなります。今やってる稽古事はどれも欠かせません。それぞれ見た目は全然違いますが、三位一体(どれも同じ)って感じです。どの稽古も堅くきっちりとやらねば結局は楽しくないし続きません。
[PR]

by funakakushi | 2007-06-05 12:37 | 三味線 | Comments(0)