wabisuke's photo diary

funakakush.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 30日

FUN ! FUN ! FUN !!!

d0117999_8394164.jpgd0117999_8395221.jpg昨日、仕事帰りに自転車屋さんへMTBを取りに行きました。昔乗っていたマウンテンバイクの色を塗り替えて、あとちょっと色々手直ししてみました。幼児が乗る三輪車と同じで、ペダルを後ろへ回せば後ろ向きに車輪が回る自転車です。自転車屋さんから自宅まで乗って帰りましたが、怖い!怖い!何度もペダルに体を押し上げられて、バランスを崩しましたが、まぁなんとか帰り着きました。
メッサおもろい!!!面白すぎる。若いときに手に入れとけば良かったなぁ。
この自転車は、ちゃんと走るためには普通の自転車とは違う操作をしなければいけません。でもそれさえ体に覚えさせれば、すごく楽しい自転車になるでしょう。しばらくはこれ一台に絞って乗ることにします。しかし、このサドルは尻には非常に厳しいです。(僕が格好だけで選んだのですが。)未だ、仮組みですので、ギア比、クランク、チェンリング、ペダル等の調整と交換が済んでないので、あ〜だ、こ〜だと言いながら自転車屋さん通いの甘く濃密な日々を送ることになりそうです。早速、今日、チェンの弛みとファーストインプレッションをタクヤ君へ報告しに行って来ます。このまま行けば、来年は街乗りピストでしょうね、たぶん。
[PR]

by funakakushi | 2007-11-30 08:41 | 自転車 | Comments(0)
2007年 11月 24日

散歩

d0117999_17595023.jpg
今日も天気が良いので、ブラブラと自転車散歩。宝ケ池を中継し24年来の喫茶店へ菓子と茶をよばれに行ってきました。ちょうどきなこ餅が出来上がったとこでした。そば茶を飲みながら、ウダウダと話し込んでしまいました。ぼくが自転車に凝り始めたきっかけになった人で、元老舗アウトドア屋さんに勤めていて一念発起して開店、内装も自分で手がけたDo itな人です。アイリッシュミュージックをこよなく愛し、自らも演奏し、山野鳥に詳しい素朴なおじさんです。お互い歳とったねぇ〜と愚痴りながら楽しい時間を過ごせました。連休中日、何処へ行っても人が多いです。紅葉はお金を払って見せてもらう所しか鮮やかな色が見られないみたいですね。どうも葉が縮れ気味でくすんでます。またまたのボヤキですが、あんなにライトアップしなくてもいいのに。あれがホントに奇麗なのかなぁと考えます。昔の日本人の様にもっと繊細でありたい。グローバル化という光で照らされた陰だと思うのですが、どうでしょう。
d0117999_180983.jpg

[PR]

by funakakushi | 2007-11-24 18:01 | 散歩 | Comments(0)
2007年 11月 22日

ヘッドランプ考

d0117999_21231280.jpg若い頃、アウトドアスポーツに夢中でした。山歩き、キャンプ、バックパック、アルペンスキー、クロスカントリースキー(ラングラウフスキー)、自転車、シーカヤック、etcとにかくmade in USA、UK、etcが大好きでした。(いまでも舶来モノ大好きです)。全く違うようですが、日本の伝統工芸と言われて長く愛されて来たものにも格好良さがあります。”理”(コトワリ)の世界です。理(コトワリ)のしっかりしたモノはスゴくカッコいいんです。今今のプロダクトデザインと呼ばれるデザインは、そうでないモノが多いと思います。理の無い思いつきだけのプロダクトデザイン、自由奔放でこれこそオリジナルっていう感じで紹介されています。でも、そのモノが持たなければならない機能や使い勝手をふまえた上での格好良さじゃないからでしょうか。”理”のしっかりしないモノは一瞬だけカッコ良くてもず〜っとはカッコ良くないと思います。10年、20年いや100年経っても残るものは残るんでしょうね。で、ヘッドランプですが、キャンプなんかで、夜間の活動に便利なんです。昔からよく使ってました。今使っているのは、電球ではなくLEDでスポットとワイドの両方が使えるようになってます。これは、ペツルという会社のフランス製(形がなんともフランスっぽいです)です。といっても高くはないのですが、単4電池(エネループを使えば電池を買い足さなくってグー)3本を使います。サイトの説明には特殊部隊用なんて物騒なことが書いてますが、気に入ってます。これを帽子に鉢巻きのように巻いて走ります。バッチグーですね。思っていたほど走行ラインと光軸がブレないし、見た方向を照らしてくれます。走りながら↓のフロントバッグに挟んだ地図に視線を落とすだけで確認できます。自転車に何も付けたく無ければこの照明は良い方法だと思います。ただこのスタイルですが、自分が納得出来るか、使う使わないの分かれ目です。ヘッドランプという”理”を考える時に、まず”明るい事”ですよね。でも明るすぎるのはその周りを視野から隠してしまう諸刃の剣でもあります。光の当たっている所は確かに明るい方が良く見えるのですが、それ以外の所が見づらくなりますよね。スゴく明るい所とスゴく暗い所、両方同時に見られません。だからスゴく明るくなくっていいんです。また、見える事より見られるほうが大事です。よく無灯火で平気で走っている人がいますが、あれは自殺行為です。

    シンプルであり”Think different”なモノ、存在でに憧れますね。
[PR]

by funakakushi | 2007-11-22 21:24 | モノ | Comments(0)
2007年 11月 20日

通勤

d0117999_8441333.jpg最近は自転車通勤です。昨日今日と寒い日が続いてますが、ウインドブレーカー(モンベルのカッパですが)を羽織って凌いでます。行きはよいよいですが、帰りが、日によって色々寄り道をします。そんなときに自転車は便利ですね、あれこれ間(あい)の道を走っていて、ふと目に付いたお店なんかを冷やかす楽しみがあります。口コミで聞いた所へも気軽に行けます。こぎ出して5分もしないうちに体が温まって、少しがんばろうものなら小汗をかいてしまいます。汗をかかないようにゆっくりと漕いでみましたが、逆に非常に疲れてしまい、良くなかったです。何かで聞いたことですが、人は頭と首周りと脇の温度調節をしていれば大丈夫らしいです。で帽子、マフラーorネックゲイター、フルジップのウインドブレーカー、後は手袋くらいですね。これで快走です。今日は茶の稽古です。
通勤時には荷物が多いので襷がけカバンの他、昔使っていたカバンも付けました。
[PR]

by funakakushi | 2007-11-20 08:46 | 自転車 | Comments(0)
2007年 11月 17日

待ちかねたモノ

朝一に起きて新聞を取りに出る、スゴくよい天気。
で自転車で少し遠出をしてみた。自宅から賀茂川を下り、御陵から疎水沿いを走り、そこから小関峠を越え浜大津まで行ってきました。琵琶湖を見ながらおにぎりを食べて、再び京都まで帰りました。まっすぐ帰るつもりでしたが、またまたカフェ工船へ、今日は僕一人でマッタリできましたね。帰り際、タクヤ君と会えました。リメイク中のMTB用の部品が届いていて、ホイールを組んでる最中のモノを見せてもらいました。ハブという車輪の中心の軸部分ですが、ちょっと特殊な構造のmade in USAです。間もなく自転車も完成するでしょう。楽しみ楽しみ。
d0117999_1915121.jpg

[PR]

by funakakushi | 2007-11-17 19:16 | 自転車 | Comments(0)
2007年 11月 16日

盛り上がる

大勢の人と一度に話す事が出来ないんです。帰宅して一人になったとき、まんべんなく話せなかったとか、話してる最中に違う人たちの会話の内容が気になって今話している事に考えが及ばなくなったとか、反省してしまう。それでも、知らない人とよく話すらしい(本人は自覚がない)。いつ通りカフェへ行く。隣におじさんが座る、ふとしたきっかけで話し始める。蛾の研究をされているらしい。すごい、カッコイイ、僕の頭の中で、普通のそこいらのおじさんの風体が、一瞬にして白衣の蛾の研究者というエキスパートに変身した。(マッドサイエンティストっぽく)。絹糸のことは商売柄、少しは知っていたけれど、糸になる前、虫さん(お蚕様)のことは皆目知らなかったので、話される内容に耳がミッキーマウスになっているのが分かる。端から見れば、おっさん二人がカフェの端っこで、なにやらヒソヒソボソボソ、ホッホーと楽しげに話し込んでる姿は、すこし危ない感じです。それも蛾です。蛾の話は大勢じゃダメです、端っこでヒソヒソボソボソが良いようです。楽しい時間をありがとう、プロフェッサーGA!!!(名前を聞かなかった)今度有ったら、大勢のお蚕様が桑を食む音を聞かせて欲しいと頼んでみよう。(例えようのない良い音らしい)
最後にはSONYブルーレイのエーちゃんのTVCMでブルーレイって言う言い方がエーちゃんらしくって良いとか、最近テレビの水戸黄門の映像がデジタル撮影(たぶん)から元に戻った話(以前からすごく気になっていたが、未だ確認してません)とか、ちゃんとしたカフェは新聞3紙は置かなければならないとか、諸々、カフェにふさわしい話でお開きになりました。

        ♪まことにめでとうそうらいける♪
[PR]

by funakakushi | 2007-11-16 08:36 | 近況 | Comments(0)
2007年 11月 15日

フレームカバー

自前の生地で自転車のトップチューブに巻き付けるフレームカバーを作りました。
元々の使用法は輪行時にフレームが傷つくのを防止するためですが、いまはスタンドのない自転車が、駐輪するときに何か(ガードレールや電柱)にもたせかけてフレームが傷つくのを防止する、とどちらもよく似てますが違うのは、乗ってる間中付けるか付けないかの差です。それを今の若いモンは飾りにしよう、とこういう事です。この生地は、耐候性や湿・乾摩擦の点から、こういう用途には不向きな生地ですが、まぁこれも有りかなと。どれくらいの使用に耐えるかマイチャリで実験開始です。撥水剤くらいはしておきましょう。ホントにフレームカバーが似合う自転車はピストですね。あれこれ付いてる自転車ほど似合わない気がします。走る、止まる(前のみ)だけ。いつかきっと。
柄は垣根に葡萄唐草です。絹100%(中綿は絽の帯の端裂)d0117999_13262865.jpgd0117999_13264370.jpg
[PR]

by funakakushi | 2007-11-15 13:40 | 自転車 | Comments(0)
2007年 11月 11日

Illuminations

前にも書いたかもしれないけど、この時期になるとこの思いが沸々とわき上がる。森本哲朗著の日本人の暮らしのかたち(PHP文庫)のなかで暗闇を書いた下りがある。頷きながら思ったことは、本当に真っ暗が無くなった。耳が痛いほどの静寂と目が眩むほどの暗黒。高度成長期に育った僕が言うのもおかしいけれど、1970年代前半頃まではそれがあったように記憶している。聴覚が無音過ぎて戸惑っている、暗闇が視界いっぱいに暴れている、凄い恐怖感を野外で体験したのを今でも鮮明に覚えている。自分の手が見えない、目を開いているのか閉じているのかも定かでない。
目映いばかりの小さなLEDの粒が初冬の京都を彩る。綺麗なんだけれど、ただそれだけ、なんか薄っぺらで嘘くさい。真っ暗で、犬の遠吠えのする凍えるような寒い夜はもう来ないんだろうなぁ。
[PR]

by funakakushi | 2007-11-11 09:57 | なんで | Comments(0)
2007年 11月 10日

Clear weather

いつも行く自転車屋さんの店主より紹介されたカナダ人(2回会っただけ)の友達(30分会っただけのカナダの女の子)を案内することになった。服飾の勉強で日本のデザインを学びたいというので、家の店の正絵(帯を作る為のラフデザイン)を見せてあげたり西陣(大黒町というメインストリート)を見て回った。運良く渡文という帯屋さんが、能の片山九郎右衛門さんの装束を飾っていたのを見せてもらえた。その後、帰る前に大手和菓子屋の○屋○信で○○会というのをやっていたので飛び入りさせてもらった。遊心という茶室(名前はいいんだけど)半分ショーウィンドウ状態になってて、、、。まぁそれはいいけど、肝心の菓子が不味かった。というより乾いてパサパサだった。職人さんは悪くないけど、水屋やろね、せっかく作った菓子をあんなにしてしまって菓子が可哀想。以前に大先生が下鴨の菓子屋で釜をかけられた。そのときは、席の度ごとにタイミングを見計らって、作りたての主菓子を出していた。まぁそこまでは無理としても(でも、京都の菓子屋ならやって当然か)菓子屋の茶会で菓子が不味いのは大変不味いんじゃないだろうか。あれじゃぁ、朝、会社の和室でやったウェルカム盆点のほうが、よっぽど気が利いてると思ったのは独りよがりかなぁ。茶は心、遊ぼうが何をしようがいいけど相手の思いを受け止めようとしなければ、自分の思いも届かないだろうなぁ。美味しい茶を飲んでほしい、その為に精一杯やれたのか、常に己にそれができてるのか?喫茶去。
帯で作ったフレームカバーを注文してくれた。いと嬉し、今日のお天気のように。
あっ、それと英会話は絶対やっとくべきだ!(長男坊へ)
[PR]

by funakakushi | 2007-11-10 20:32 | 近況 | Comments(0)
2007年 11月 04日

雪佳はん

d0117999_181963.jpg久しぶりに神坂雪佳を見に行きました。観光客で賑わう岡崎界隈、細見美術館でゆっくり出来ました。帰りに古香庵で末富の菓子でもよばれよかなと思ったけど、1000円を渋ってまっすぐ帰りました。勿論自転車で。帰って遅めの昼ご飯をひとり、うどんをすすりながら、先日なんとか”わすれ唱歌”を上げていただいたので、次の曲をiPod miniに入れました。ん〜こんな難しい(そうな)曲できるんだろうか。不安です。そうそう今日の細見は京都新聞のカードを見せたらタダでした!1000円がタダです。流石、古香庵さんやね。なので、朝起きてからさっきまでは1円も使ってなかったんですが、ちょっと小腹が空いたので近くの生鮮館(スーパー)でビールとポテチと団子とアセロラジュースを買ってしまって、団子とビールとポテチをいっぺんに食べたら、お腹いっぱいになってしまった。これなら、細見で上品に末富の菓子を食べとけばよかったなぁ。反省。雪佳はんの赤楽(五代六兵衛)の香合、あんなん作れたらええねんけど。
写真は、行きに通った夷川発電所です。昔ここに踏水会があって、夏になったら25mを犬かきやら早抜き手やらで泳いでました。泳いだ後は素うどんを食べて市電にのって帰ってたのを、今でもここを通ると思い出します。
[PR]

by funakakushi | 2007-11-04 17:50 | 近況 | Comments(0)