<   2008年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 29日

いただきもの

一斗缶をもらった訳ではないんです。壊れ物なので、この缶に詰めていただいて持ち帰りました。もちろん自転車です。ぼくのメッセンジャーバッグはかなりでかい方なのでこういうときに役に立ちます。というよりこういうときに役に立つようにオーダーしたカバンです。これでも足らないときは、エコバッグを同じ方向に襷掛けして、ひもでメッセンジャーバッグのベルトに縛ります。これでどうだ!っていう感じになります。d0117999_1224061.jpg
d0117999_1225926.jpg
[PR]

by funakakushi | 2008-04-29 12:04 | 近況 | Comments(6)
2008年 04月 29日

これなんだ?

昨日、奥さんが買い物して帰って家で釣り銭を見たら、一円玉に混じって↓が入ってました。どこの国の硬貨かわかります?

答えはここをぷち!

d0117999_831447.jpg

[PR]

by funakakushi | 2008-04-29 08:32 | みつけた | Comments(2)
2008年 04月 27日

Kyosai

d0117999_19103186.jpg昼までは、家でモサモサしてましたが、河鍋暁斎というひとの絵を見に行こうと、京都国立博物館まで自転車漕ぎ漕ぎ行ってきました。もともと大津絵の類が好きで、そういうニオイのモノも何となく好みです。わりとエグイ江面が多くて一回りをゆっくり見ると、もうお腹いっぱいになりました。それでも珍しく図録も買って、帰りにKAFE工船で美味しいブラジルのアイスコーヒー&タクヤ君の凄いリメイク技(とてもここでは書けません(笑))を堪能して帰路に就きました。行き帰りの賀茂川はみなさん和んでましたよ。日本って幸せなのかなぁ。と思う一日でした。
[PR]

by funakakushi | 2008-04-27 19:12 | 近況 | Comments(2)
2008年 04月 27日

大山崎

国宝の待庵という茶室、昭和初期に建てられた聴竹居というお家、大山崎山荘美術館を足早でしたが見せていただきました。利休さんが作った二畳隅炉の侘びた茶室、意外と広くて躙り口も大きくとても使いやすそうな茶室でした。喫茶という行為以外の物事を削ぎ落とした美しさがありました。ここで利休さんの点てた茶を、豊公さんが飲んだはったと思うと震えますね。聴竹居は確かに面白かったのですが、良いも悪いもプロフェッサーアーキテクトが、贅を尽くし自分の考えをそのまま形にしたという感じの家でした。専門家ではないので、どこがどうとは言えませんが、何かこう全てのしつらえがモダンという軸で計算されていて、実験住宅というより、藤井厚二さん作の美術品という感じでした。まぁ加賀さん(アサヒビール)にしても藤井さんにしても昔から大金持ちのエエシのすることは凄いですね。写真は大山崎山荘の玄関にあった石像と(なんと面妖な)シャガです。聴竹居の玄関にも似た石像がありました。
d0117999_11541584.jpg

d0117999_11552446.jpg

[PR]

by funakakushi | 2008-04-27 11:55 | 近況 | Comments(0)
2008年 04月 21日

遠出

19日、20日と一晩泊まりで金沢、七尾、能登島へ出かけました。自転車を持っての輪行(自転車を分解して袋に詰めて電車で持ち運び、美味しい所だけを漕ぐ旅行)スタイルでした。いつもならランドナー(旅行車)で行くんですが、走るのがメインじゃなく街乗りに近いんで、軽くて前後の車輪を外すだけのMTBを選びました。天気にも恵まれて最高のツーリングが出来ました。2km〜5kmの間隔で観光ポイントを周り、金沢の町をグルグル3周くらいしました。近江町市場、武家屋敷、尾山神社、ひがし茶屋街、etc。金沢も自転車サイズの街ですね。それからこちらへ来てから、花粉の症状も無くって快適に走れました。翌日は七尾で下車して能登島を半周してウロウロ30kmほど走り、能登の自然をたっぷり感じてきました。あ〜こんなところでキャンプしたいな〜
今度は近場(大阪の渡し、滋賀辺り)へ行ってみたいですね。それとやっぱり輪行はランドナーが良いです。(心情的に)
今回の教訓、荷物は最小限に!帰りのバッグ(デカデカメッセンジャーバッグ)はパンパンで両肩にアザができました。ぼちぼち歳も考えなくては。
d0117999_633216.jpg

d0117999_6335317.jpg

[PR]

by funakakushi | 2008-04-21 06:33 | 自転車 | Comments(0)
2008年 04月 14日

Saddel Bag

d0117999_1810424.jpg旅行用にサドルバッグを付けてみました。オルトリーブで素材が少しレアものなんです。普通のサドルバッグは、コーデュラという生地で出来てますが、これはターポリン製でリュックとかメッセンジャーバッグに使われている物と同じ素材です。入れ口もファスナーではなくロールアップする物です。昔、シーカヤックしていた頃、荷物をカヤックに詰めるのにこの方式のドライパックという袋を使っていました。かなりのヘビーユースにも耐えられて、もちろん防水もほぼ完璧です。何よりもカッコイイんです。このサイズで、ツーリングの工具がおおだたい入ります。
d0117999_18102921.jpg

[PR]

by funakakushi | 2008-04-14 18:11 | 自転車 | Comments(0)
2008年 04月 13日

もとどおり

結局、ガムテで穴を塞ぎました。はぁ。痛々しいなぁ。
d0117999_1359189.jpg

[PR]

by funakakushi | 2008-04-13 13:59 | 近況 | Comments(0)
2008年 04月 12日

文楽

4月公演の競伊勢物語と勧進帳を観てきました。いつもと違い、公演前に解説の時間があり、1部の後の30分で舞台裏見学をしました。競伊勢物語は人間関係がややこしい割に地味な演目でしたが、切り場はさすがに唸っちゃいました。予想外に入れ込みました。外国の方が見に来られてましたが、登場人物の複雑な心情を理解できてるんだろうかと思いました。横の日本のおばちゃんは、ここは笑うとこ違うやろというとこで声出して笑ったはりましたし、日本人でも全てを理解するのは、かなり深読みしないと難しそうです。それが面白さなんでしょうけれど。勧進帳は迫力ありました。お能の安宅、歌舞伎の勧進帳、三種三様でどうとはいえませんが、今日の勧進帳は、師匠に色々とレクチャーしてもらっていたので、面白さ倍増でした。なかでも三味線の清治さん、燕三さん、気合い入りまくりで、超絶テクニックでした。凄すぎです。バックステージは、他の団体やご贔屓さんやらで、満員御礼でした。3列六番と良さそうな番号でしたが、今までで一番見にくい席でした。帰りにKAFE工船で一服しましたが、超満員(メッセンジャー大集合の図)でひとり着物姿で浮いてましたので、コーヒーを飲んで早々に帰宅しました。
文楽の公演を観る(聴く)度に、三味線の音に感動してしまいます。生音は凄くいいです。
[PR]

by funakakushi | 2008-04-12 22:15 | 近況 | Comments(0)
2008年 04月 11日

あんずのごはん

d0117999_17503988.jpgあんずは、長男が高校3年の時、学校の先生の処から来ました。生後1ヶ月で、ごはんも一緒に貰ってきました。ここの会社のカリカリフードです。以後今まで変えることなく、ここのものを買ってきます。いまはこれです。最近の好物は、三角の銀紙に包んであるプロセスチーズです。この銀紙をシャリシャリッっと音をたてると、どこいいても飛んできます。あとは牛乳系ですね。魚は、よっぽど美味しくないとまたぎます。どれにしても、小指の先ほどしか食べませんね。やっぱりカリカリです。
[PR]

by funakakushi | 2008-04-11 18:02 | あんず | Comments(0)
2008年 04月 11日

穴あけました

d0117999_17422844.jpg不細工に何の造作もなく、唐突に、立て続けに、やってしまいました。
まぁ、機能してますが・・・
[PR]

by funakakushi | 2008-04-11 17:42 | 近況 | Comments(8)