<   2008年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 25日

今日の蓮

葉っぱが広がりました。土の中から尖りがもう一つ出てきました。
早く芽を出せ、蓮の葉っぱ、出ないとその芽をちょん切るぞ〜♪
d0117999_1671926.jpg
d0117999_167313.jpg

[PR]

by funakakushi | 2008-05-25 16:07 | 近況 | Comments(2)
2008年 05月 25日

北欧の椅子

昨日(24日)は2人で、”京町家で楽しむ北欧の椅子”展を見てきました。友人の指物師さんがかんだはりまして、待ち合わせして案内してくれはりました。デンマークの作家さんの椅子ですが良くできてるんです。最高の座り心地でした。いつか1脚欲しい!そんな気にさせます。6月の1日までやってますので、是非お出かけ下さい。
あれだけの椅子、なかなか座る機会は無いですから。

ここの椅子です。
[PR]

by funakakushi | 2008-05-25 07:46 | 近況 | Comments(0)
2008年 05月 23日

魔法のメガネ

最近の自転車スタイルは、ヘルメットにサングラスです。ヘルメットは頭を守ります。つい最近、友人が事故に遭わはりました。責任の所在云々より我が身大事です。事故に遭わない工夫と、事故に遭っても最小限のリスクで抑える工夫。遭わない工夫は、交通ルールをちゃんと守る、先読みする(だから耳も大事なんです。ヘッドフォンはやめましょう!なんなら鼻歌で♪)、その二点を心がければ相手が粗野な運転でも事故になる確率はかなり減ります。あ〜ビックリしたとか、危なかった!で済みます。ヘルメットはリスクを抑える為の天守閣です。脳味噌は大事ですからね。それに目、目はサングラスで守ります。ポリカーボネート製のこの黄色いレンズが魔法の素なんです。ポリカーボネートは大変衝撃に強く、転けたりとかで異物の目への直撃をこれで避けられます。日中はグレーです。年を取ると直射日光が目にきますので、これからの季節は欠かせません。換えレンズ(簡単に付け替えられます)の黄色は目立つためじゃなく、薄暮のときに威力を発揮します。黄色はコントラストを上げる働きがあります。(昔のレイバンシューターを思い出しますね)夕方に黄色のサングラスをかけると凄くよく見えます。試してみてください。
d0117999_2028387.jpg

[PR]

by funakakushi | 2008-05-23 20:28 | モノ | Comments(0)
2008年 05月 23日

楽しみ

自転車に乗りながら音楽を聴く人がいる。若い頃僕もそうでした。
音楽のない毎日なんて考えられない!そんな感じでした。
いつの日かからそんなに一日中聞かなくなりました。
別に音楽が嫌いになった訳じゃない。
今は気付くと、考え事(他愛もないことばかりだけど)をしていることが多い。

人生の楽しみ方って年齢によってドンドン変わっていきますよね。例えば僕の場合。
10代後半から20代後半は、感じる楽しみ。考える前に感じる、綺麗だとか面白いだとか、ただ感じたことが楽しい。
20代後半から30代後半は、知る(考える)楽しみでした。いろんなものを見聞きする、目の前のものを自分なりにどうなのかを考えるのが面白い。
30代後半から40代後半は、削いでいく楽しみ。今までため込んできたものをどんどん削いでいく。身に付いたものから、垢になって張り付いているもの、見極めながら削いでいく、潔く捨てるのが楽しい。
きっと音楽も、一音一語大事に聞くから流しっぱなしはしなくなったのかもしれません。耳も目も年を重ねるごとに衰えるのは悲しいけれど、脳みその中心、こころで聞く観る感じる稽古をすれば、若い頃には感じなかった音、景色、味、感触が削いだ先に見えてくる。かも。
さてさて、これからどんな面白きことが待っているやら。
じっさまみたいやなぁ。
[PR]

by funakakushi | 2008-05-23 10:01 | なんで | Comments(2)
2008年 05月 21日

蓮とメダカさん

今日の蓮です。
メダカさんも元気です。
d0117999_6542252.jpg

d0117999_6543941.jpg

d0117999_6545221.jpg

[PR]

by funakakushi | 2008-05-21 06:55 | 近況 | Comments(0)
2008年 05月 18日

そして、さらに思ったこと

こないだの稽古の時に、こんな茶がある。という話をしてもらった。改まって茶事をするから、そのつもりでおいで!と言われて伺うのがおおよそ普通の流れかと思いますが、達人の茶は、全く予期しない(茶という共通言語も少々の)普通の人が別の用件で訪ねてこられても、茶(茶事)を成立させてしまう。もちろんお客さんは、狐につままれた感はあるにせよ、ほっこりと幸せ〜っとなって帰る。もっと言えば、そこからその人の茶が始まる。
で、思いついたのは、じゃぁ待たずに伺おう。茶箱を持つとそんな気持ちになる。
あ、でも最後の一行は僕個人の意見なので、いきなり訪ねられたおうちの方は・・・
だろうなぁ。
[PR]

by funakakushi | 2008-05-18 09:14 | | Comments(2)
2008年 05月 17日

出張る

ふと思ったんです。
茶箱を持って出かけるということは、相手の処へ訪ねるのだからその時点では客”だはず”。でも席に入れば手前座(と思われる場所)に座るんだから、客をもてなす亭主。
で、終われば道具をしまって、帰宅する。これって面白いですぅ〜♪
d0117999_2025057.jpg

[PR]

by funakakushi | 2008-05-17 20:01 | | Comments(0)
2008年 05月 17日

茶の味

茶箱を友人の指物師さんに作っていただきました。これひとつでどこでも茶席になります。(望まれればですが・・・)この箱意外には、湯です。鉄瓶、ポットなんでも合います。でもちゃんと茶の湯を楽しめますよ。他流さんにも同じようなものがありますが、作ってもらったのは流儀にそったものです。茶を習ってるというと堅苦しいイメージですが、そうでもないです。正確に言うと堅苦しいのを楽しむと言ったほうが正しいですね。若いときには辛気くさくて絶対やらないだろうと思っていた事が、今は凄く楽しい事に変わってしまいました。年を重ねるということの面白さ、妙、です。ただ、茶はひとりでは成立しません。もてなすこと、もてなされることを楽しむのですから、お客さんがいはります。毎週の稽古は何の為にするのか?茶事、です。茶事を自分で組み立て、招くのが目的です。(これとて方便でしょうが。)茶事をすること、茶を楽しむことで、物の見方や生き方までもが見えてきます。お点前を覚えるのも、基本ですが、その先に見えるものこそ、茶の味じゃないでしょうか。
でも、うちじゃぁ、くどい!辛気くさい!早よ飲まして!・・・ですねん。いくら楽しいからと張り切っても、共通言語を持たないことには仕方ないですね。独りよがりはいけませんぜぇ〜
d0117999_19425151.jpg
d0117999_1943446.jpg

[PR]

by funakakushi | 2008-05-17 17:47 | | Comments(4)
2008年 05月 17日

街中ぐるぐる

紙屋川沿いに友人宅へ写真を届けた後、今度は西から東へ荒神口のパン屋さん。そこからちょいと上がってKAFE工船で一休み、賀茂川で笛でもと思ってカバンに入れてたけれど、暑くて家まで直行しました。帰ってからあんずを出して芍薬をいけました。今日はほんに良い天気。水筒のふたのゴムが劣化していたんで交換して復活!これからはこれが大活躍!(中身は金沢の棒茶。水出しで爽やかです。)
d0117999_16372745.jpg
d0117999_16374314.jpg

[PR]

by funakakushi | 2008-05-17 16:48 | 近況 | Comments(0)
2008年 05月 10日

とうとう水面から出てきました。パチパチパチ!!!
早々に肥料とメダカをいれてやらねば!!!!!
d0117999_122868.jpg

[PR]

by funakakushi | 2008-05-10 12:28 | 近況 | Comments(12)