<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 29日

CD

久しぶりにCDを買いました。
アイリッシュのトラッディショナルな演奏をするアメリカのバンド ソーラスです。
結成当時のボーカル、カラン ケイシーと超絶テクの演奏、メロディアスなエアやスリリングなジグ何処をとっても超一流です。
今回買ったのは結成10周年DVD付き記念アルバムです。
じっくり聞きたいです。

d0117999_9503219.jpg



[PR]

by funakakushi | 2010-10-29 09:52 | モノ | Comments(0)
2010年 10月 29日

防水バッグ

ドライバッグともいいますが、昔、シーカヤックという海の自転車で遊んでいたときに、このドライバッグのお世話になりました。写真のタイプはかなり特殊で、開口部は普通狭い円形の方に設けてありますが、これは横開きです。
マジックテープとファスナーで防水しています。
今回これを復活させて、ロングテールバイクのバッグにしようと思いました。
自転車のバッグの長さとドライバッグがピッタリと合致してなんともいい感じです。
これなら両方に濡れては困るシュラフや着替えなどをそのまま放り込むだけで、雨に合っても濡れません。
またまた、キャンプへ行きたくなってきましたね。

全体の感じです。
d0117999_9372970.jpg


側面
d0117999_9373336.jpg


最初のマジックテープを開けたところ
d0117999_9374557.jpg


二つ目のマジックテープを開けたら、中にファスナーがあります。
d0117999_9373690.jpg


中です。
d0117999_937473.jpg

d0117999_9375026.jpg

[PR]

by funakakushi | 2010-10-29 09:43 | 自転車 | Comments(0)
2010年 10月 27日

かぶってますが

ここにも一応載っけておきますね。


[PR]

by funakakushi | 2010-10-27 08:43 | 自転車 | Comments(0)
2010年 10月 23日

板スパナ忘れる

日帰りの輪行に行ってきました。
自宅から京都駅まで自転車で、駅で袋詰めにしてJR奈良線の木津駅で下車、自転車を組み立てていざ出発!
と段取りよく出来ませんでした。
まず京都駅で自転車を分解しようと工具を探すと、あれま〜ひとつ大事なのを忘れてきました。
これがないと、ばらせません。あきらめようか・・・いや、あるものを工夫して出来ないだろうかと、2、3分考えました。
で、あれをこうしてこうやればと、なんとかナットは揺るんでくれました。ほっ。
無事に電車に乗って、降りて、組み立てて、走り出して・・・までは良かったんですが、
私、ものすごい方向音痴でしてどっちへ向いて走ってよいやら・・・???
なんとか、桂川自転車道の起点を見つけてスタートできました。
これも一重にiPhone4のおかげでです。(これがなかったら一人で外出は無理でしょうね。)
途中何度か道に迷いながらも、嵐山までの45kmを走ることができました。
迷うところは、大きな橋をくぐるときにグニャッと道が蛇行していたり、右岸から左岸へ移動したりと大概はそこで見失いますが、何度も出くわすと学習しますね、こんな私でも。
ということで、次回からは道に迷う事なく行ける事でしょう。
45kmと書きましたが、よく考えると自宅から出て帰るまで、70kmありました。
この辺が私の限界のようです。

追記
 輪行の手順も回を重ねるごとに慣れてきますが、慣れも行き過ぎてずぼらに
 なってくると、今回のように工具を忘れたりハンドルバーをあとで入れ込ん
 だり、ペダルをしっかりと固定しなかったり(或いは袋に入れなかったり)
 と悪い癖ですね。反省です。今度はキレイにやってみたいものです。


一枚目の写真は、前回あれこれいじっていましたロングテールデモンタの後ろの板です。
よそ様のロングテールバイクのを見ていると、どうも水に弱いみたいで直ぐベコベコになってしまうようです。
という訳で、速乾性の油性ニスを塗りました。これで少しは雨でも大丈夫だと思います。
d0117999_16541976.jpg


自転車道から茶畑がたくさん見えました。
d0117999_16541427.jpg


今回はこの自転車で行きました。
d0117999_1654826.jpg

d0117999_1654352.jpg

d0117999_16535858.jpg

[PR]

by funakakushi | 2010-10-23 17:02 | 自転車 | Comments(4)
2010年 10月 16日

変身!

マクロスではなく自転車です。
空井戸サイクルの無我君に、ブレーキワイヤーのセパレーターを付けてもらおうとお店にいそいそと出かけました。
まぁ、なんやかんやと話してるうちに、以前話していた”この自転車で輪行は可能か?”の続きを実地でやってみようという事でデモンタブルの由縁でもあるレバーを操作して、ブレーキワイヤに気を使いながら、あーでもない、こーでもないとアレコレいじりながらの最終形がこれです。
ブレーキワイヤーをリリースする。
ハンドルバー(ブルホーン)とステムを90度オフセットする。(この作業だけアーレンキを使ってます)
分割する。(上下2カ所のクイックをリリース)
後部のバッグに収める。
前タイヤを外して逆サイドのバッグに収納
タイベルトで締めて完了。
専用の収納用具或いは移動用パーツとかは無く、工具もアーレンキ1本でここまで出来てしまいました。
荷物はドライバッグか何かを荷台に挟み込めば、荷物込みでこのサイズに収まるでしょう。
これにやんわりとカバーをかぶせれば、のぞみでもTGVでも載せられまっせ!と大人なふたりが大人げない行為に勤しんでしまいました。

寸法的にはバッチグーなサイズです。
大型のキャスターと、こんな形になっても自立出来るスタンドが、なんの輪行オプションも無く出来てしまいました。
もう行くところは決まっております!
無我君おすすめの、
日本のマチュピチュ、もしくは天空の城 竹田城!
であります。
d0117999_162384.jpg

d0117999_16231543.jpg

[PR]

by funakakushi | 2010-10-16 16:25 | 自転車 | Comments(2)
2010年 10月 11日

自転車でキャンプ

久々にソロキャンプ、しかも自転車で行ってきました。
土曜日に出かける予定が大雨で1日ずらして日月で決行しました。
土曜日にブレーキとスタンドの高さ、チェンジレバーの加工(これが一番助かりました)とホントにやってもらって良かったなぁと思います。
前3枚後ろ8枚合計24段変速をフルに使い切りました。
ありがとう!無我君!
で、場所は滋賀県の風車村の向かい側の六ツ矢崎オートキャンプ場です。
質素ですが静かで、なによりも湖の真横に全芝生のとサイトと絶景のキャンプ場でした。
この2枚は朝日です。
夕方から朝方にかけて降ったり止んだりでしたので。
d0117999_1704689.jpg

d0117999_1711561.jpg

d0117999_175448100.jpg

d0117999_173113.jpg

d0117999_1733839.jpg

こんな感じです。
夜は簡単に、たき火も小さく小さく。
d0117999_1752183.jpg

d0117999_1754157.jpg

以下は行き帰りの写真です。
行きは大原から途中峠経由で、帰りは161号線をひたすら(寄り道もしましたが)大津まで、そこから1号線、三条経由で帰宅しました。
d0117999_176054.jpg

d0117999_1762887.jpg

雨宿りとお昼はここでこんな感じです。
d0117999_1765491.jpg

湖岸沿い
d0117999_1774931.jpg

比良、北小松、蓬莱辺り
d0117999_179456.jpg

d0117999_1791967.jpg


たっぷり楽しんで参りました。
体はヨレヨレですが、、、

そうそう、今回の教訓は
 荷物は少なく身軽に!
[PR]

by funakakushi | 2010-10-11 17:11 | 自転車 | Comments(8)
2010年 10月 09日

明日のための、その1

ザンザン降りの雨の中、レモンイエローのゴアテのカッパに身を包み、空井戸サイクルへ行ってきました。
やはり荷物を積んでの後ろブレーキの効きが心配だったので、頼んであったVブレーキに交換してもらいました。
d0117999_1548110.jpg

写真の丸い部品はトラベルエージェント といいまして、VブレーキでないレバーでVブレーキを引く為のレバー比変換アダプターです。
つまり、少ない引き量で多く引こうとするための部品です。
取り付けにはコツがあるそうで、手際よく付けてもらいました。
その上に載っかってるのがママチャリ用の鍵です。
d0117999_15493285.jpg

d0117999_1550492.jpg

d0117999_15501934.jpg

あと、ついでにキックバックスタンドの足を少し切ってもらって高さを調整してもらい、跳ね上げる為のバネの両端のひもをくくっておくということも教わりました。
これは、バネの弱さを強める効果はもちろんですが、両単のプラスティックの止めが外れた場合または外れない用の補強に効果があるそうです。
今日の空井戸サイクルへ行ってさらにブラッシュアップされた感があるロングテールバイクになりました。
d0117999_1551392.jpg

おぅ、忘れてました!
一番の改良はリヤチェンジレバーがブレーキアウターと干渉していたのを直してもらいました。グラインダーでレバーの3分の1ほどを芸術的に削ってもらいました。

ブレーキは滑らかでコントローラブル、しかもパワフルに!
スタンドは軽やかにしっかりと!
前の板が何処に在ろうと、後ろの変速は下から上まで全域使えます!
の、本気の前3X後8段の24段変速でい!

我がロングテールバイクはドンドン空井戸サイクルスペッシャルになってきました。
良い自転車屋さんとつき合うというのは、こういう楽しみがあります。
[PR]

by funakakushi | 2010-10-09 16:01 | 自転車 | Comments(0)
2010年 10月 09日

さすらう為の予行演習

昨晩装着したキックバック(センタースタンド)を使って、野営道具を積み込んでみました。
キックバックの取り付けは簡単です。ガッチリキッチリではなく、パチンパチンと左右に棒を差し込み、バネ&ひもを引っ掛けて出来上がり!なんともゆるい感じです。よく出来ていて、しっかり働いてますよ。
d0117999_9365794.jpg


こんな感じが完成形なんでしょうか、あと必要とするならばフロントのカゴですね。
まぁいつかそのうちに。
d0117999_9374899.jpg

d0117999_938689.jpg

d0117999_9373439.jpg

d0117999_9372029.jpg

なんとも簡単にあっさりと積み込み完了!
積み込みで注意したのは、重心を低いところに、そして自転車の真ん中にもってくる。それだけです。このロングテールバイクにはいったいどれだけ荷物を積むことができるのか、やってみたくなりますね。
そうそう、この装備品ですが、ほとんどのモノが20年以上前のものです。
煮炊きは、トランギアのアルコールバーナーのセットと補助(癒し用)にミニ焚き火セットです。
両方とも良く出来てます。
ガスボンベやガソリン、灯油も使いましたが、今はアルコールに落ち着いてます。
どこでもドラッグストアへ行けば手に入りますからね。昔なら灯油かガソリンですが、匂いや揮発、爆発の恐れが有るし、ガソリンスタンドもドンドン減ってますから。
カセットボンベは便利ですが使ったボンベがゴミになるのでボツです。
それに形が余り好みでないのです。
テントは名作モンベルのムーンライト1です。
月明かりでも設営できるというのでこう命名されたそうです。(月明かりって相当あかるいですよ)
そして今回の主役はというと、椅子とテーブルです。
このガダパウトチェアはとても道具としてよく出来てます。
いろんな掛け方が出来るしコンパクトに収納できます。
アウトドアならガダパウト、インドアならフィンユール(持ってませんけど、、、)ですね。
テーブルですか、あるじゃないですか、自転車に備え付けのが!
あ〜晴れないかなぁ〜!
d0117999_9382215.jpg

[PR]

by funakakushi | 2010-10-09 09:57 | 自転車 | Comments(2)
2010年 10月 02日

B級グルメ

ロードレーサーやランドナー、MTB、クロスバイク、それぞれいろんなパーツを後から付けたりしますね。それぞれに精度の高いものからそれなりのものまで有ります。
我がロングテールバイクへと変身した元ランドナーは色んなものを身にまとおうとしております。
その一つがこのママチャリライクな鍵です。スタンドとともに素早くひと動作で自転車から離れられます。もちろんちゃっちいので長時間の駐車には不向きですが、買い物や本屋さんの立ち読み(失礼)程度ならこれで充分です。
またうまい具合にバッグの陰になって目立たないので外からのスタイルには影響内でしょう。
もう一つは後ろブレーキです。これは安全上の問題プラスアルファです。
ブレーキワイヤーの通り道はまず、レバーからハンドルバーの中を通ってトップチューブに沿ってシートチューブの後ろの松葉型アウター受けから後輪のブレーキ本体まで延びています。
写真の部分は本来真直ぐにワイヤーが延びていなければならないのですが、後輪をフリーラディカルキットで後ろへオフセットしてあるのでその分、角度がついてしまいました。
空荷のときはそれなりに効いておりますが、荷物を積んだときにちょっと心配なんですね。
それで、アウター受けを経由しないで、しかもカンティブレーキよりも良く効くVブレーキに交換する事にしました。これでワイヤーの後半部分をフルアウターでブレーキまで持っていけます。
それに、VブレーキにしないとあのB級グルメのような鍵がつかない事が判明したので、一本足スタンドからセンタースタンドへ、カンティブレーキからVブレーキへ、そして鍵の装着といよいよ自転車自体がB級グルメ化していっております。
ここらで踏みとどまらないと大変なことになりそうですね。トーエイファンおよび正当派ランドナーの方にお叱りを受けそうです。
私の好みからいえば、そうですねぇ、ネオツーリズムとでもいいましょうか、ネオコミューターなのかな、ま、ネーミングはどうでもいいとして、ここらが完成になるでしょう。
ガラパゴスケータイならぬガラパゴスバイクになっちゃいそうです。
数年後にはオールドMTBにキットが付いていると思います。
d0117999_171031.jpg

d0117999_1711549.jpg

d0117999_1713293.jpg

[PR]

by funakakushi | 2010-10-02 17:13 | 自転車 | Comments(0)