wabisuke's photo diary

funakakush.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 24日

濃茶

抹茶には濃茶と薄茶という飲み方があります。一般的な薄茶は、何処でもお目にかかる菓子とお薄のセットという風な感じで出てきますあれです。一方、濃茶は、トローンとした濃厚な抹茶です。こっちはなかなかお目にかかれません。お茶を一服どうぞというと、本当はこちらを出すんですね。本当は。
京都には(茶葉、抹茶を売っている方の)お茶屋さんが沢山あって、その中でも名が通っているの処に、一保堂さんというところがあります。昨日、そこの濃茶が飲みたくて、嘉木という併設の喫茶に入りました。一服立て(一人分)で飲ませて貰えます。自分で練ることも出来るそうですが、慣れない私はもちろん練っていただきました。まず菓子が出てきまして、そのあと濃茶です。きめ細かく玉ももちろん無いクリーミーで濃厚な茶を奧から持ってきはりました。あまりに濃いので、茶碗にへばりついてる茶が勿体ない、それでお薄を点ててもらえます。普通に美味しゅう御座いました。
でも今度何かの都合で飲まなくてはいけないときは、もう少し緩く練っていただき、そのあと湯を頂くという方がいいような気がしました。薄茶に向く抹茶と濃茶に向く抹茶は、値段もですが風味も微妙に違いますもんね。
[PR]

by funakakushi | 2008-07-24 12:43 | | Comments(0)


<< 今日の蓮      淡交 >>